なまこ壁

【カタログ掲載品 YZ-71】ヤマキ醸造 手ぬぐい 白

品番:gift_79081036

販売価格:1,500円(税込1,650円)

ヤマキ醸造オリジナルのてぬぐい


手ぬぐい包み2本

※お歳暮ギフトの出荷は11/14(木)からとなります。

手ぬぐいについて

地元の人たちで作り上げた地元産手ぬぐい

デザインは、埼玉県神川町在住の「SHIMADA DESIGN」グラフィックデザイナー島田 潤さんによるもの。
捺染は、直売店 糀庵の暖簾をお願いしている埼玉県本庄市の「小渕捺染」さんに、染めて頂きました。
神川町は、今のヤマキ醸造の本社・工場があるところ。本庄市は、もともとヤマキ醸造の本社・工場があったところ。ふたつの「地元」に育まれ、今日のヤマキ醸造はあります。
そんな地元の人たちで作り上げた地元産手ぬぐいが出来上がりました。


ヤマキ醸造を取り巻く環境・恵みをデザインに

島田さんは、企業のロゴデザインからブランディング、フライヤー等幅広くデザインを手掛けているデザイナーさんです。
 デザインのコンセプトについて、ヤマキ醸造を取り巻く環境・恵みを図案化して頂きました。
空・雲・風・雨・太陽・星・山・植物・大地(畑)・川(水) ・作物(大豆)…
その環境・恵みのおかげで、ヤマキ醸造は成り立っている、ということを表したデザインです。


SHIMADA DESIGN 島田 潤 氏
SHIMADA DESIGN 島田 潤 氏


昔ながらの技法で、一枚、一枚、手で染めています。

小渕捺染さんは、創業してから今に至るまで、昔ながらの技法で、手染めにこだわりものづくりをしています。
今では本庄市にある唯一の捺染工場です。
インクの調合から職人さんの手で行われ、一見、インクが裏に抜ける注染のように見えるのですが、生地の表裏に同じ柄を染める技法で染めています。両面ずれのない仕上がりは、まさに職人技です。そんな凄腕の職人さんが、一枚一枚手で染めています。


小渕捺染 代表取締役社長 小渕健司 氏一枚一枚手で染めています小渕捺染 代表取締役社長 小渕健司 氏


手ぬぐいができるまでの過程はブログでも見られます

手ぬぐいができるまでの過程をブログで綴っております。こちらもご覧ください。
手ぬぐいができるまで


手ぬぐい包み 500ml 2本